ようこそ! 「労働者災害補償保険法のススメ」へ

業務上・業務外の認定~疾病・死亡



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


業務上・業務外の認定~疾病・死亡
業務上・業務外の認定に関する判例が多数ありますので確認しておきましょう。 業務上・業務外の認定
業務上・業務外の認定の判例
(疾病や死亡)
・労働者災害補償保険法所定の保険給付の対象となる業務上の負傷ないし疾病といいうるためには、被災者に他の病的素因または基礎疾病があり、それが条件または原因となって発病したと認められる場合であっても、同時に業務上の災害による受傷と疾病との間に医学上、相当程度の因果関係が認められる限り、それが唯一の発病原因であることを必ずしも要しない。

・業務と業務に関連のない基礎疾患等が共働して当該疾病が発症した場合において、業務起因性が肯定されるには、業務に内在ないし通常随伴する危険が当該疾病の発症に相対的に有力な原因となったと認められることが必要であって、単に業務が当該疾病発症の誘因ないしきっかけに過ぎないと認められる場合は、業務起因性は認められないと解するのが相当である。

業務上・業務外の認定 ことに脳心疾患については、発症原因となる有害、危険因子としては、日常生活を含めた多様な出来事が指摘され、また、基礎疾患及びその促進因子は業務に直接関連のないものが多いことから、業務起因性の認定に当たり、業務が相対的に有力な原因となったと認められるには、当該疾病の発症前及び発症時の業務内容が労働者に過重負担となって当該疾病を発症させたと判定される必要がある。