ようこそ! 「労働者災害補償保険法のススメ」へ

費用について

労働者災害補償保険法第4章のでは、費用の負担について規定しています。
労働者災害補償保険の保険料は、事業主が負担することとなっています。
しかし、保険給付に要する費用等は、保険料だけでカバーすることはできませんので、国庫補助として費用の一部を国で負担しています。
さらに、通勤災害の保険給付である療養給付を受ける労働者から、一部負担金を徴収しています。
これらによって労働者災害補償保険の事業に要する費用に当てられています。

スポンサードリンク

保険料及び事業主等からの費用徴収

保険料及び事業主等からの費用徴収 労働者災害補償保険法第30条では、保険料について規定してます。 「労働者災害補償保険事業に要する費用にあてるため政府が徴収する保険料については、徴収法の定めるところによる。」 労働者災害補償保険の保険料につきましては、事業主から徴収することとなっていますが、保険料徴収に関しては「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」にて詳細に規定しています。 労働者災害...

事業主からの費用徴収の対象となる基準

事業主からの費用徴収の対象となる基準 労働者災害補償保険法第31条第1項において、事業主が故意又は重大な過失により労働者災害補償保険に係る保険関係成立届の提出を怠っていた期間(政府が当該事業につ いて認定決定をしたときは、その決定後の期間を除く。)中に生じた事故については、事業主から保険給付に要した費用を徴収することがありますが、以下にその基準等を説 明しましょう。 故意又は重大な過失の...

事業主からの費用徴収手続きについて

事業主からの費用徴収手続きについて 労働者災害補償保険法第31条第1項において、事業主が故意又は重大な過失により労働者災害補償保険に係る保険関係成立届の提出を怠っていた期間(政府が当該事業について認定決定をしたときは、その決定後の期間を除く。)中に生じた事故については、事業主から保険給付に要した費用を徴収することがありますが、以下にその手続き等について説明していきます。 1.徴収金の徴収...