ようこそ! 「労働者災害補償保険法のススメ」へ

労働者災害補償保険法の原則

労働者災害補償保険法は、労働基準法の災害補償規定を踏まえて業務災害により被災した労働者を保護するために保険給付を行うだけにとどまらず、通勤途上の災害や被災労働者の社会復帰の促進、被災労働者やその遺族の援護、労働者の安全衛生の確保などを図ることにより、労働者や遺族の福祉の増進を図るために社会復帰促進等事業も行っております。
労働者災害補償保険制度としては大きく保険給付と社会復帰促進等事業に分けられ、保険給付では療養のために休業する場合の給付、障害が残った場合の給付、介護を要することになった場合の給付、被災労働者が死亡した場合の給付、脳・心臓疾患に関連する異常所見のための給付があります。社会復帰促進等事業には、被災労働者等援護事業や社会復帰事業があります。

スポンサードリンク

労働者災害補償保険法とは

労働者災害補償保険法とは 労働者災害補償保険法は以下の目的によって制定されました。 (労働者災害補償保険法 第1条) 「労働者災害補償保険法は、業務上の事由または、通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行い、あわせて、業務上の事由または通勤により負傷し、または疾病にかかった労働者の社会復帰の促進、当該労働者及びその遺族の援護、労働者の安全...

総則 ~ 管掌及び労働者災害補償保険事業

総則 ~ 管掌及び労働者災害補償保険事業 労働者災害補償保険法の第1章は総則となっており、第2条では管掌について規定されています。 「労働者災害補償保険は、政府が、これを管掌する。」 労働者災害補償保険の保険者は、政府ということを指しています。 また、労働者災害補償保険に関する事務は、厚生労働省労働基準局長の指揮監督を受けて、事業場の所在地を管轄する都道府県労働局長(事業場が2以上の都道...

総則 ~ 適用事業及び適用除外

総則 ~ 適用事業及び適用除外 労働者災害補償保険法の第1章は総則となっており、第3条では適用事業及び適用除外について規定されています。 第1項「この法律においては、労働者を使用する事業を適用事業とする。」 第2項「前項の規定にかかわらず、国の直営事業、官公署の事業(労働基準法(昭和22年法律第49号)別表第1に掲げる事業を除く。)船員保険法(昭和14年法律第73号)第17条の規定による...