ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

法定労働時間とは



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


法定労働時間とは
法定労働時間とは法律で定められた、働くことができる労働時間のことです。
法定労働時間と所定労働時間を混同されている方も多いようなので説明しますと、所定労働時間とは会社にて定められた労働時間のことです。1日あたりの法定労働時間は8時間となっていますが、会社によっては法定労働時間より短い7時間30分を所定労働時間としているところもあります。
法定労働時間とは
(労働基準法第32条)
使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

労働時間の解釈については難しいものがありますので、以下に説明していきます。

1.出勤を命じられ、一定の場所に拘束されている以上いわゆる手待時間も労働時間となる。

2.労働者が使用者の実施する時間外の教育に参加することについて、就業規則上の制裁等の不利益取扱いによる出席の強制がなく自由参加のものであれば時間外労働にならない。

3.トラックの運転を2名の運転手が交代で行うようなケースで、運転をしていないものが助手席で仮眠を取っている時間は労働時間となる。

4.坑内労働者の入浴時間は労働時間とはならないが、坑内作業の準備または整理整頓時間は労働時間とみなされる。

5.条文内の「1週間」とは、就業規則その他に別段の定めがない限り、日曜日から土曜日までのいわゆる暦週をいう。
また「1日」とは、午前零時から午後12時までのいわゆる暦日をいうものであり、継続勤務が2暦日にわたる場合には、たとえ暦日を異にする場合でも一勤務として取扱い、当該勤務は始業時刻の属する日の労働として、当該日の「一日」の労働とする。

6.休憩時間に来客当番として待機させていれば、それは労働時間となる。

7.労働安全衛生法における安全衛生教育は、労働者がその業務に従事する場合の労働災害の防止をはかるため、事業者の責任において実施されなければならないものであり、安全衛生教育の実施に要する時間は労働時間と解されるので、当該教育が法定労働時間外に行われた場合には、当然割増賃金が支払わなければならない。

8.健康診断の受診に要した時間についての賃金の支払については、労働者一般に対して行われる、いわゆる一般健康診断は、一般的な健康の確保をはかることを目的として事業者にその実施義務を課したものであり、業務遂行との関連において行われるものではないので、その受診のために要した時間は、当然に事業主の負担すべきものではなく労使協議して定めるべきものである。
特定の有害な業務に従事する労働者について行われる健康診断、いわゆる特殊健康診断の実施に要する時間は労働時間と解されるので、当該健康診断が時間外に行われた場合には、当然に割増賃金を支払わなければならない。
法定労働時間とは また法定労働時間の特例として、常時10人未満の労働者を使用する以下の事業については、当分の間は1週間について44時間、1日について8時間まで労働させることができます。ただし満18歳未満に満たない者には、この法定労働時間の特例については適用されない。
①商業・理容業
②興行(映画の製作の事業を除く)
③保健衛生業
④接客娯楽業