ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

労働時間を理解する

労働時間も賃金と同様の労働条件において重要な項目であります。 日本人は諸外国と比較しても働き過ぎと言われており、労働時間を比較してもその差は歴然です。 日本人の勤勉さは、高度経済成長を支え経済大国日本を作り上げた要因の一つになっています。 しかし、長時間労働は様々な弊害を生んできました。長時間労働と脳・心臓疾患の因果関係も認められています。 そこで労働基準法において、労働時間を規制するとともに、様々な労働時間制度を設けることで会社に適した労働時間制度を導入できるようになっています。

スポンサードリンク

法定労働時間とは

法定労働時間とは 法定労働時間とは法律で定められた、働くことができる労働時間のことです。 法定労働時間と所定労働時間を混同されている方も多いようなので説明しますと、所定労働時間とは会社にて定められた労働時間のことです。1日あたりの法定労働時間は8時間となっていますが、会社によっては法定労働時間より...

1カ月単位の変形労働時間制

1カ月単位の変形労働時間制 労働基準法第32条の2では、1カ月単位の変形労働時間制について規定しています。 第1項 「使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面によ...

フッレクスタイム制

フッレクスタイム制 労働基準法第32条の3では、フレックスタイム制について規定しています。 「使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはそ...

1年単位の変形労働時間制 ~ その1

1年単位の変形労働時間制 ~ その1 労働基準法第32条の4では、1年単位の変形労働時間制について規定しています。 第1項「使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書...

1年単位の変形労働時間制 ~ その2

1年単位の変形労働時間制 ~ その2 労働基準法第32条の4 第2項 「使用者は、前項の協定で同項第4号の区分をし当該区分による各期間のうち最初の期間を除く各期間における労働日数及び総労働時間を定めたときは、当該各期間の初日の少なくとも30日前に、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があ...

1年単位の変形労働時間制 ~ 通達等 その1

1年単位の変形労働時間制 ~ 通達等 その1 1年単位の変形労働時間制については、その運用方法等について様々な通達等が発せられています。 実際に運用する場合に必要となることが考えられますので、しっかりと確認しておきましょう。 ・1年単位の変形労働時間制は、あらかじめ業務の繁忙を見込んで、そ...

1年単位の変形労働時間制 ~ 通達等 その2

1年単位の変形労働時間制 ~ 通達等 その2 1年単位の変形労働時間制については、その運用方法等について様々な通達等が発せられています。 実際に運用する場合に必要となることが考えられますので、しっかりと確認しておきましょう。 ・対象期間が3ヶ月を超える場合には、その労働時間が48時間を超え...

1年単位の変形労働時間制 ~ 賃金清算

1年単位の変形労働時間制 ~ 賃金清算 労働基準法第32条の4の2では、1年単位の変形労働時間制における賃金清算について規定しています。 「使用者が、対象期間中の前条の規定により労働させた期間が当該対象期間より短い労働者について、当該労働させた期間を平均し1週間当たり40時間を超えて労働させた場合...

1週間単位の非定型的変形労働時間制

1週間単位の非定型的変形労働時間制 労働基準法第32条の5では、1週間単位の非定型的変形労働時間制について規定しています。 第1項「使用者は、日ごとの業務に著しい繁閑の差が生ずることが多く、かつ、これを予測した上で就業規則その他これに準ずるものにより各日の労働時間を特定することが困難であると認めら...

労働時間に関する判例

労働時間に関する判例 労働時間に関しては、その解釈の相違によって判例が数多くあります。 以下にその一部を紹介しますので確認しておきましょう。 ・始業時刻と同時に業務を開始すべき旨の定めがあるときは、入門の時点から業務を開始する時点までには相応の時間の経過が存するのであるから、始業時刻に業務...