ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

危険有害業務の就業制限



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


危険有害業務の就業制限
労働基準法第62条では、年少者の危険有害業務の就業制限を規定しています。
使用者は、満18才に満たない者に、運転中の機械若しくは動力伝導装置の危険な部分の掃除、注油、検査若しくは修繕をさせ、運転中の機械若しくは動力伝導装置にベルト若しくはロープの取付け若しくは取りはずしをさせ、動力によるクレーンの運転をさせ、その他厚生労働省令で定める危険な業務に就かせ、又は厚生労働省令で定める重量物を取り扱う業務に就かせてはならない。
危険有害業務の就業制限
第2項
使用者は、満18才に満たない者を、毒劇薬、毒劇物その他有害な原料若しくは材料又は爆発性、発火性若しくは引火性の原料若しくは材料を取り扱う業務、著しくじんあい若しくは粉末を飛散し、若しくは有害ガス若しくは有害放射線を発散する場所又は高温若しくは高圧の場所における業務その他安全、衛生又は福祉に有害な場所における業務に就かせてはならない。

第3項
前項に規定する業務の範囲は、厚生労働省令で定める。

また、危険有害業務の就業制限の判例がありますので確認しておきましょう。
(判例) ・本条違反として、年少者を起重機運転の危険業務、3300ボルトの高圧充電電路操作の業務、防爆性能を有しない照明用電灯を使用させて引火性の物を取り扱う業務であるガソリンによる自動車の洗滌作業、ブルドーザーの運転の業務、ドーザーショペルの運転の業務、高さ9.2メートルの電柱上における腕木取付等の装柱作業、
危険有害業務の就業制限 高さ7.3メートルの軽量鉄骨の梁上における軽量形鋼製のモヤ整理作業、動力によって運転する積載荷重1.2トンのホークリフトの運転の業務に就かせた事業主がそれぞれ罰金刑に処せられた例がある。