ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

年少者の深夜業



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


年少者の深夜業
労働基準法第61条では、年少者の深夜業について規定しています。
使用者は、満18才に満たない者を午後10時から午前5時までの間において使用してはならない。
ただし、交替制によって使用する満16才以上の男性については、この限りでない。
年少者の深夜業
第2項
厚生労働大臣は、必要であると認める場合においては、前項の時刻を、地域又は期間を限って、午後11時及び午前6時とすることができる。


第3項
交替制によって労働させる事業については、行政官庁の許可を受けて、第1項の規定にかかわらず午後10時30分まで労働させ、又は前項の規定にかかわらず午前5時30分から労働させることができる。

第4項
前3項の規定は、第33条第1項の規定によって労働時間を延長し、若しくは休日に労働させる場合又は別表第1第6号、第7号若しくは第13号に掲げる事業若しくは電話交換の業務については、適用しない。

第5項
第1項及び第2項の時刻は、第56条第2項の規定によって使用する児童については、第1項の時刻は、午後8時及び午前5時とし、第2項の時刻は、午後9時及び午前6時とする。
年少者の深夜業 つまり、原則として18歳に満たない者を深夜に使用してはならず、その時間帯としては、満15歳に達した日以後の最初の3月31日までの間にある児童は午後8時から午前5時の間(厚生労働大臣が必要と認める場合は午後9時から午前6時)、満15歳以上で満18歳に満たない者は午後10時から午前5時(厚生労働大臣が必要と認める場合は午前11時から午前6時)となる。
ただし例外もある。