ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

年少者とは

日本は経済的に豊かになったおかげで、18歳未満の年少者が正社員として働くことは少なくなったように感じます。 しかし、正社員でなくてもアルバイトといった短時間労働は多く行われています。 労働基準法では、正社員に限らずアルバイトといった短時間労働者であっても適用の対象となります。 しかし、18歳未満である年少者に一般労働者を対象とする規定を適用することは問題がありますので、年少者に対する保護規定を設けてあります。 特にアルバイトを雇用している使用者は、しっかりと認識しておく必要があります。

スポンサードリンク

年少者の労働基準法

年少者の労働基準法 労働基準法は基本的に一般労働者向けに規定されていますが、労働者の中には年少労働者もいます。 このことから年少者向けの規定を設ける必要があり、労働基準法第6章にて規定してあります。 労働基準法第56条では、最低年齢について規定しています。 「使用者は、児童が満15歳に達し...

年少者の証明書

年少者の証明書 労働基準法第57条では、年少者の証明書について規定しています。 「使用者は、満18歳に満たない者について、その年齢を証明する戸籍証明書を事業場に備え付けなければならない。」 「使用者は、前条第2項の規定によつて使用する児童については、修学に差し支えないことを証明する学校長の...

未成年者の労働契約

未成年者の労働契約 労働基準法第58条では、未成年者の労働契約について規定しています。 「親権者又は後見人は、未成年者に代つて労働契約を締結してはならない。」 「親権者若しくは後見人又は行政官庁は、労働契約が未成年者に不利であると認める場合においては、将来に向つてこれを解除することができる。」 ...

未成年者の労働契約 ~賃金

未成年者の労働契約 ~賃金 労働基準法第59条では、未成年者の労働契約における賃金について規定しています。 「未成年者は、独立して賃金を請求することができる。 親権者又は後見人は、未成年者の賃金を代って受け取つてはならない。」 この規定に関連して、未成年者の訴訟能力についての判例があります...

労働時間及び休日

労働時間及び休日 労働基準法第60条では、未成年者の労働時間及び休日について規定しています。 第32条の2から第32条の5まで、第36条及び第40条の規定は、満18才に満たない者については、これを適用しない。 適用されない規定としては、 ①1ヶ月単位の変形労働時間制、フレックスタイム制、1...

労働時間及び休日の行政解釈や判例

労働時間及び休日の行政解釈や判例 労働基準法第60条未成年者の労働時間及び休日についての規定については、以下のような行政解釈や判例がありますので確認しておきましょう。 (行政解釈) ・1日の修学時間の算定にあたり、当該日の授業開始時刻から同日の最終授業終了時刻までの時間から休憩時間(昼食時...

年少者の深夜業

年少者の深夜業 労働基準法第61条では、年少者の深夜業について規定しています。 使用者は、満18才に満たない者を午後10時から午前5時までの間において使用してはならない。 ただし、交替制によって使用する満16才以上の男性については、この限りでない。 第2項 厚生労働大臣は、必要であると認め...

深夜業の例外と行政解釈や判例

深夜業の例外と行政解釈や判例 労働基準法第61条では、年少者の深夜業の就労を規制しておりますが、その例外もあります。 第1項では、交替制によって使用する満16歳以上の男性が規定されています。 他の例外としては、 ・交替制によって労働させる事業において、所轄の労働基準監督署長の許可を受けて午...

危険有害業務の就業制限

危険有害業務の就業制限 労働基準法第62条では、年少者の危険有害業務の就業制限を規定しています。 使用者は、満18才に満たない者に、運転中の機械若しくは動力伝導装置の危険な部分の掃除、注油、検査若しくは修繕をさせ、運転中の機械若しくは動力伝導装置にベルト若しくはロープの取付け若しくは取りはずしをさ...

坑内労働の禁止及び帰郷旅費

坑内労働の禁止及び帰郷旅費 労働基準法第63条では、坑内労働の禁止について規定しています。 使用者は、満18才に満たない者を坑内で労働させてはならない。 また、坑内労働及び危険有害業務については例外があり、都道府県労働局長の許可を受けた使用者が職業能力開発促進法に基づいて認定職業訓練を行い...