ようこそ! 「雇用保険法のススメ」へ

就職促進給付とは

雇用保険法の第3章では失業等給付について、その第5節では就職促進給付について規定しています。
就職促進給付には、就業促進手当と移転費、広域求職活動費があります。
その中の就業促進手当には、就業手当、再就職手当、常用就職支度手当があります。
これらの給付は、いずれも失業した者に対して早期に再就職を援助・促進することを目的として支給されるものとなっています。

スポンサードリンク

就業促進手当 ~ 就業手当その1

就業促進手当 ~ 就業手当その1 雇用保険法第56条の2では、就業促進手当について規定しており、その中の第1項第1号のイでは就業手当、第1号のロでは再就職手当、第2号では常用就職支度手当について規定しています。 ここでは就業手当について説明していきます。 「就業促進手当は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、公共職業安定所長が厚生労働省令で定める基準に従って必要があると認めたときに、...

就業促進手当 ~ 就業手当その2

就業促進手当 ~ 就業手当その2 雇用保険法第56条の2第3項第1号では、就業手当の額について規定してます。 「就業促進手当の額は、次の各号に掲げる者の区分に応じ、当該各号に定める額とする。 第1項第1号イに該当する者 現に職業に就いている日(当該職業に就かなかったこととした場合における同日から当該就業促進手当に係る基本手当の受給資格に係る第20条第1項及び第2項の規定による期間(第33...

就業促進手当 ~ 就業手当その3

就業促進手当 ~ 就業手当その3 就業手当の支給申請手続きにつきましては、以下のようになります。 ①受給資格者は、就業手当の支給を受けようとする場合には、就業手当支給申請書に、給与に関する明細その他の就業の事実を証明することができる書類及び受給資格者証を添えて、管轄する公共職業安定所の長に提出しなければなりません。 この場合において、一つの労働契約の期間が7日以上である場合には、就業手当...