ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

就業規則の作成の手続



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


就業規則の作成の手続
労働基準法第90条では、就業規則の作成の手続きについて規定しています。
第1項「使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない。」
就業規則の作成の手続
第2項「使用者は、前条の規定により届出をなすについて、前項の意見を記した書面を添付しなければならない。」

また、以下の事項についても確認しておく必要があると考えます。

・同一の事業場に2種類の就業規則がある場合、それは単に1つの就業規則を形式上分けたものに過ぎず、意見を聴くのは、全労働者の過半数代表者の意見を聴かなければならないとされています。

・労働組合が故意に意見を表明しない、意見書の署名または記名捺印を拒否するような場合でも、意見を聴いたことが客観的に証明することができる限り、就業規則の届出は受理されます。

・労働組合の反対意見があったとしても、他の要件を具備する限り、就業規則の効力には影響はありません。

・過半数で組織する労働組合等に意見を聴くということは、労働組合等との協議決定を要求するものではなく、労働組合等の意見を聴くことを行っていれば労働基準法違反とはなりません。
就業規則の作成の手続 ・労働者派遣を行っている派遣元事業主が就業規則作成に際して、過半数で組織する労働組合等に意見を聴く場合の労働者とは、派遣元事業場の全ての労働者のことです。 つまり、派遣中の労働者とそれ以外の労働者の両方を含むということです。