ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

就業規則を理解しよう

就業規則は、労働条件や職場内のルールなどを規定したものです。 就業規則で規定していることを会社及び社員の双方がしっかり守ることにより、会社経営をスムースに運ぶことができます。 この就業規則は常時10人以上の労働者を使用している事業場は作成する義務がありますが、作成していない事業場も多くあるように感じます。使用者と労働者のトラブルが多発している現状を見ますと、就業規則の作成は必須と考えます。 しかし、就業規則は作成しただけでは意味がありません。就業規則にて規定した内容を使用者及び労働者の双方がしっかりと理解し、実行していく必要があります。

スポンサードリンク

就業規則の作成及び届出義務

就業規則の作成及び届出義務 就業規則は労働基準法第89条にて作成及び届出の義務が使用者に課されています。 この義務がある使用者は、常時10人以上の労働者を使用する使用者となっています。 また、届出においては新しく作成した場合のみならず、就業規則の内容を変更した場合も届出の義務が発生します。 ...

就業規則の作成の手続

就業規則の作成の手続 労働基準法第90条では、就業規則の作成の手続きについて規定しています。 第1項「使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表す...

就業規則の制裁規定の制限

就業規則の制裁規定の制限 労働基準法第91条では、就業規則における制裁規定の制限について規定しています。 「就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。」 ...

法令及び労働協約との関係

法令及び労働協約との関係 労働基準法第92条では、就業規則と法令及び労働協約の関係について規定しています。 第1項「就業規則は、法令又は当該事業場について適用される労働協約に反してはならない。」 第2項「行政官庁は、法令又は労働協約に牴触する就業規則の変更を命ずることができる。」 労働協約...