ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

労働契約を理解する

労働契約は、経営者にとっても労働者にとっても重要な契約となります。 よって労働契約の締結はきちんと行う必要がありますが、そもそも労働契約の法的な内容について理解していなければ法律に違反しているような契約を結んでしまうかもしれません。 労働契約を簡単に言いますと「労務を提供して、その代償として賃金を受け取る約束をする契約」といったところでしょうか。 この労働契約を締結する際には、当事者である使用者と労働者が対等な立場で決定すべきものですが、実際には使用者が優位な立場にて契約するケースが多いことでしょう。 そこで労働基準法では、労働者を使用者から保護するために労働契約に際しての基準や規制を設けています。

スポンサードリンク

労働基準法に違反した労働契約

労働基準法に違反した労働契約 労度基準法第13条では、以下のように労働基準法に違反した労働契約について規定しています。 この法律で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。 この場合において、無効となった部分は、この法律で定める基準による。 過去の判例に...

契約期間等

契約期間等 労働基準法第14条では契約期間等について規定しています。 第1項「労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年(次の各号のいずれかに該当する労働契約にあっては、5年)を超える期間について締結してはならない。」 ①専門的な知識、技...

労働条件の明示

労働条件の明示 労働基準法第15条では、労働条件の明示について規定されています。 第1項 「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件の明示をしなければならない。 この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省...

賠償予定の禁止

賠償予定の禁止 労働基準法第16条では、賠償予定の禁止について規定しています。 「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。」 上記のように賠償予定を禁止していますが、使用者が実際に損害を受けた場合に、その損害を与えた労働者に対して損害賠...

前借金相殺の禁止

前借金相殺の禁止 労働基準法第17条では、前借金相殺の禁止について規定しています。 「使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。」 前借金とは、雇入れ時の労働契約の締結の際、或いはその後に使用者から借金をして、その返済を賃金から行うことを約束する金...

強制貯金について

強制貯金について 労働基準法第18条では、強制貯金について規定しています。 第1項「使用者は、労働契約に附随して貯蓄の契約をさせ、又は貯蓄金を管理する契約をしてはならない。」 第2項「使用者は、労働者の貯蓄金をその委託を受けて管理しようとする場合においては、当該事業場に、労働者の過半数で組...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の成立

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の成立 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の成立】 ・当事者間に契約内容に関する具体的意思の合致は必要ではなく、ただ当該企業における労働者たる地位を取得する点について意思の合致があれば足りる。 ただし、これに反す...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の成立 - 採用内定

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の成立 - 採用内定 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【採用内定】 (採用内定の取消し) ・採用内定の取消し事由は、内定当時知ることができず、また知ることが期待できない事実であって、これを理由に内定を取り消すことが社会通...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 使用者の義務他

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 使用者の義務他 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の効力】 (使用者の義務) ・求人票記載の労働条件は、当事者間においてこれと異なる合意をするなどの事情がない限り、雇用契約の内容となる。 ・労...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 就労請求権他

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 就労請求権他 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の効力】 (就労請求権) ・労働者は使用者に対して就労請求権を有するかにつき、これを認めるものと、これを否定するものとがある。 ・使用者が労働者...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 出向

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 出向 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の効力】 (配転・出向・転属) {出向} ・在籍出向者は、出向元と出向先の二重の労働契約が成立している。 ・就業規則に出向の根拠規定があり、労働協約に出...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 転属・転籍

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 転属・転籍 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の効力】 (配転・出向・転属) {転属・転籍} ・転籍は、元の会社を退職して転籍先との間に新たに雇用契約を生ぜしめることである。 ・就業規則に「業...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 休職他

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 休職他 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の効力】 (休職) ・一般に休職処分とは、ある従業員に執務させることが不能であるかまたは適当でない事由が生じた場合に、従業員の地位は保有させながら執務のみを禁...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 退職

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 退職 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の効力】 (退職) ・免職処分が有効に成立する以前には、退職願を撤回することは原則として(退職願の撤回が信義に反すると認められる特段の事情がない限り)自由である...

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 労働契約と損害賠償

労働契約に関する判例 ~ 労働契約の効力 - 労働契約と損害賠償 労働契約に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【労働契約の効力】 (退職) ・免職処分が有効に成立する以前には、退職願を撤回することは原則として(退職願の撤回が信義に反すると認められる特段の事情がない限...

契約期間に関する判例 ~ 契約期間の意義等

契約期間に関する判例 ~ 契約期間の意義等 契約期間に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【契約期間の意義】 ・求人票記載の労働条件は、当事者間でこれと異なる別段の合意をするなど特段の事情がない限り雇用契約の内容となるが、雇用後半年を経過した時点で締結された雇用契約で...

契約期間に関する判例 ~ 短期契約の更新の効果

契約期間に関する判例 ~ 短期契約の更新の効果 契約期間に関するトラブルは数多く、判例もありますので確認しておきましょう。 【短期契約の更新の効果】 (継続的契約とならなかった例) ・5回にわたる期間2ヶ月の契約の更新によって、労働契約が期間の定めのない契約に転化したり、あるいは期間の定めのない労...