ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

坑内業務の就業制限



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


坑内業務の就業制限
女性の坑内労働については、これまで女性にとって適した労働環境ではないされ原則として禁止されてきました。
しかし、坑内労働における施工技術の進歩等に伴って安全衛生技術が向上していることなどを踏まえて女性の坑内労働の原則禁止が改められ、女性技術者が坑内の管理、監督業務等に従事することができるようになりました。
坑内業務の就業制限
しかし当然のことながら母性保護の観点から就業の制限は必要となるため労働基準法では以下のように規定しています。
(労働基準法第64条の2)
「使用者は、次の各号に掲げる女性を当該各号に定める業務に就かせてはならない。
①妊娠中の女性及び坑内で行われる業務に従事しない旨を使用者に申し出た産後1年を経過しない女性
→坑内で行われる全ての業務
②前号に掲げる女性以外の満18歳以上の女性
→坑内で行われる業務のうち人力により行われる掘削の業務その他の女性に有害な業務として厚生労働省令で定めるもの」
坑内業務の就業制限 妊娠中の女性は坑内業務が禁止されていますが、事業主は女性労働者が妊娠しているか否かについて早期に把握する必要があります。
これを早期に把握できなければ適切な対応とることができませんので、女性労働者からの申出や診断書の提出といった手続方法を具体的に定めて運用されることが望ましいとされています。