ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

労働基準法における女性

労働基準法第4条では、女性であることを理由として賃金について男性を差別的取り扱いをしてはならないと規定されています。この他にも男女雇用機会均等法によって、雇用に関しても男女差別は禁止されています。 近年、女性であることを理由とした差別はほとんど見られなくなりよい傾向にあります。しかし、差別ではなく女性であることを理由に保護しなければならないものも多くあります。そこで労働基準法において、母性保護の観点から女性に対する規定が設けられています。

スポンサードリンク

坑内業務の就業制限

坑内業務の就業制限 女性の坑内労働については、これまで女性にとって適した労働環境ではないされ原則として禁止されてきました。 しかし、坑内労働における施工技術の進歩等に伴って安全衛生技術が向上していることなどを踏まえて女性の坑内労働の原則禁止が改められ、女性技術者が坑内の管理、監督業務等に従事するこ...

危険有害業務の就業制限

危険有害業務の就業制限 労働基準法第64条の3では危険有害業務の就業制限について規定しています。 第1項「使用者は、妊娠中の女性及び産後1年を経過しない女性(以下「妊産婦」という。)を、重量物を取り扱う業務、有害ガスを発散する場所における業務その他妊産婦の妊娠、出産、哺育等に有害な業務に就かせては...

産前産後の女性について

産前産後の女性について 労働基準法第65条では、産前産後について規定されています。 第1項「使用者は、6週間(多胎妊娠の場合にあつては、14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。」 第2項「使用者は、産後8週間を経過しない女性を就業させ...

妊産婦の時間外労働等の制限

妊産婦の時間外労働等の制限 労働基準法第66条では、産前産後の規定に関連して妊産婦の時間外労働等の制限について規定してます。 第1項「使用者は、妊産婦が請求した場合においては、第32条の2第1項、第32条の4第1項及び第32条の5第1項の規定にかかわらず、1週間について第32条第1項の労働時間、1...