ようこそ! 「労働者派遣法とは?~改正、条文、26業務など」へ

派遣労働者として派遣されたら

スポンサードリンク

派遣労働者として派遣されたら
派遣労働者として派遣就業が始まりましたら、以下の事項を確認しましょう。

1.社会保険の加入
雇用保険や健康保険、厚生年金保険といった社会保険は、正社員でなく派遣労働者であっても、一定の要件を満たしている場合には加入することとなっています。
加入する要件は派遣元事業主が知っていますので、自分は社会保険の加入要件を満たしているのか確認しましょう。
労働者派遣法
2.社会保険の未加入
派遣労働者で雇用保険や健康保険、厚生年金保険といった社会保険に未加入の場合には、何らかの理由があります。
この場合には、派遣元事業主は社会保険に未加入に対する具体的な理由について派遣労働者に対して通知することとなっています。
よって、どのような理由で自分が雇用保険や健康保険、厚生年金保険といった社会保険に未加入なのかを確認しましょう。

派遣労働者が加入要件を満たしていないのか、加入手続き中なのか、あるいは加入要件を満たしているにもかかわらず加入手続きをしていないのか明確にしてもらいましょう。

3.就業条件等が明示された内容と異なる
派遣先に就業する際に、派遣元事業主より派遣先における就業条件等を書面にて明示されますが、その明示された内容と実際に働いている内容が異なってはなりません。
このようなことがないように派遣先においては、労働者派遣契約にて定められてある就業条件を周知徹底させることや就業場所を巡回するなどの措置を講ずることとなっています。

さらに、違反の事実を知った場合には、早急に是正すること、その他労働者派遣契約を遵守させるための必要な措置を講ずることとなっています。
また、派遣元事業主においても、派遣先を定期的に巡視する等を行うことによって違反の確認をすることとなっています。
労働者派遣法 4.派遣先における待遇等
派遣先において、派遣先の福利厚生施設の利用等、派遣先の労働者と業務上の関係について説明を行うこととなっています。
派遣先には、派遣労働者が適正・円滑に働くことができるように、就業環境の維持や派遣先の労働者が通常利用している診療所や食堂等の施設の利用に関する便宜、教育訓練に関する便宜等を図るように努力義務が課されています。

スポンサードリンク


労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】