ようこそ! 「労働者派遣法とは?~改正、条文、26業務など」へ

 最新コンテンツ

派遣労働者として派遣されたら(派遣労働者として働く方へ):2009/10/21 掲載しました。
派遣労働者の派遣可能期間 その1(派遣労働者として働く方へ):2009/10/22 掲載しました。
派遣労働者の派遣可能期間 その2(派遣労働者として働く方へ):2009/10/23 掲載しました。
派遣労働者の派遣可能期間 その3(派遣労働者として働く方へ):2009/10/26 掲載しました。
派遣労働者の派遣期間の終了(派遣労働者として働く方へ):2009/11/04 掲載しました。

 「労働者派遣法とは?~改正、条文、26業務など」へようこそ

労働者派遣法とは?
労働者派遣法と呼ばれていますが、正式には「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」という法律名となっています。
労働者派遣法は、近年の経済活動の高度化・多様化に伴って、労働者需給も多様化し変化も見られることから制定された比較的新しい法律です。
労働者派遣法
よって試行錯誤の状況であることから、改正が多く行われていますので、この法律を十分に理解することは難しいものであります。
しかし、派遣労働者の雇用が不安定など数多くの問題を抱えていますので、まずは派遣法をしっかりと理解しておきたいところです。

労働者派遣法は1985年に制定されました。
労働者派遣法は職業安定関係法規のの一つであり、第1条の目的条文にあるように職業安定法と相関関係にあるようなものです。
職業安定法では「何人も、労働者供給事業を行い、又はその労働者供給事業を行なう者から供給される労働者を自らの指揮命令の下に労働させてはならない。」とされています。

例外として、厚生労働大臣の許可を得た労働組合等だけが無料の労働者提供事業を行なうことができました。
この職業安定法にて禁止している労働者供給事業の例外として、労働者派遣法の成立により労働者派遣事業が行なわれるようになったのです。
それ以降多くの改正が行われて、現在の労働者派遣法があるわけです。

スポンサードリンク

 「労働者派遣法とは?~改正、条文、26業務など」コンテンツ

 
派遣労働者として働く方に知っておいてもらいたいことがあります。
労働者派遣法が施行される前までは一部の例外を除いて、労働者を派遣することを事業とすることはできませんでした。
その理由の一つに労働者に不利益を与える可能性があるからです。その対策として労働基準法においても数多くの禁止事項が定められています。
これが労働者派遣法により労働者派遣事業ができるようになり労働者に不利益が生じないように運用していかなければならないのですが、残念ながら数多くの問題が見えてきました。
上場している派遣会社であっても、労働者派遣法を守ることなく指導・勧告されているのが現実で、派遣を受け入れている会社も知識がないことから、労働者派遣法を守れていないところも数多くあります。
よって、派遣労働者自身が法律を理解していないと不利益を被ってしまう可能性があるのです。