ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

労働基準法の基本原則

労働基準法は、全ての労働関係法令の基本法となっています。 その中でも労働基準法第1条~第7条といったものは、基本中の基本となっているものです。 労働者を雇う使用者は当然のこと、雇われる側の労働者も十分認識しておく必要があります。 強制労働の禁止、中間搾取の排除といったものは今の時代とはマッチしておらず、当然のことながら強制労働や中間搾取といった行為は行われていないことでしょう。 しかし、もしも行われていたとしたら重大は法律違反です。この違反に対する罰則も労働基準法の中でも重いものとなっています。 法律を知らなかったという理由で免れるものではありません。これを機にしっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク

労働条件の原則

労働条件の原則 労働基準法の第1条として労働条件の原則が規定されています。 この規定は基本中の基本であり当たり前と感じるかもしれませんが、特に経営者である使用者の方はしっかりと確認しておく必要があるでしょう。 特に第1条第2項においては、就業規則等の見直しの際に行おうとする方が多いので注意が必要で...

労働条件の決定及び均等待遇

労働条件の決定及び均等待遇 労働基準法第2条では、労働条件の決定についいて規定されています。 「労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである。」 「労働者及び使用者は、労働協約、就業規則、及び労働契約を遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければならない。」 第1項で...

男女同一賃金の原則及び強制労働の禁止

男女同一賃金の原則及び強制労働の禁止 労働基準法第4条では男女同一賃金の原則について規定しています。 「使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱をしてはならない。」 この規定に関しては以下にことについても確認しておく必要があります。 ・賃金に関する差別待...

中間搾取の排除

中間搾取の排除 労働基準法第6条では、中間搾取の排除について規定しています。 「何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない。」 中間搾取を近年使用されている言葉ですと”ピンハネ”のことです。 法律に基いて許される場合と規定がありますが、該当するケ...

公民権行使の保障について

公民権行使の保障について 労働基準法第7条では、公民権行使の保障について規定しています。 「使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んではならない。 但し、権利の行使又は公の職務の執行に妨げがない限り、...

言葉の定義 ~ 労働者

言葉の定義 ~ 労働者 労働基準法第9条では、労働者という言葉の定義について規定しています。 「この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所(以下「事業」という。)に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。」 この規定については、以下の事項についても確認しておく必要があり...

言葉の定義 ~ 使用者

言葉の定義 ~ 使用者 労働基準法第10条では、使用者という言葉の定義について規定しています。 「この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう。」 この規定においては、以下の事項についても確認しておきま...

言葉の定義 ~ 賃金

言葉の定義 ~ 賃金 労働基準法第11条では、賃金という言葉の定義について規定しています。 「この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。」 この規定においては、以下の事項についても確認しておきましょう。 1...

言葉の定義 ~ 賃金 各種判例-賞与

言葉の定義 ~ 賃金 各種判例-賞与 労働基準法第11条では賃金について規定しており、関連した様々な判例がありますので確認しておきましょう。 (賞与) ・共同経営と称して与える賞与または小遣は、その実質は使用従属関係のもとで行う労働に対して、その報酬として支払ったものであるから賃金に該当します。 ...

言葉の定義 ~ 賃金 各種判例-社宅の無償供与・退職金

言葉の定義 ~ 賃金 各種判例-社宅の無償供与・退職金 労働基準法第11条では賃金について規定しており、関連した様々な判例がありますので確認しておきましょう。 (社宅の無償供与) 社宅の無償供与は入居者に対する賃金の一部とは認められないとされています。 (退職金) ①意義・性格 ・民間企業...

言葉の定義 ~ 賃金 各種判例-退職金

言葉の定義 ~ 賃金 各種判例-退職金 労働基準法第11条では賃金について規定しており、関連した様々な判例がありますので確認しておきましょう。 (退職金) ③退職金の減額・不支給 ・会社の承諾なく退職した者には退職金を支給しない旨を定めは公序に反し無効とされています。 ・円満退職者以外には...

平均賃金について

平均賃金について 労働基準法第12条では、平均賃金について規定しています。 第1項「この法律で平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前3箇月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいう。 ただし、その金額は、次の各号の一によってて計算した金額を下ってては...

平均賃金の解釈等 ~ その1

平均賃金の解釈等 ~ その1 平均賃金の規定については、様々な解釈等が必要となります。 以下の事項につきましては、必ず確認しておきましょう。 ・臨時に支払われた賃金とは、臨時的突発的事由に基づいて支払われてものであります。 結婚手当等支給条件は予め確定されていますが、支給事由が極めて不確定...

平均賃金の解釈等 ~ その2

平均賃金の解釈等 ~ その2 平均賃金の規定については、様々な解釈等が必要となります。 以下の事項につきましては、必ず確認しておきましょう。 ・請負給制によって使用される漁業および林業労働者の平均賃金算定方法は以下のようになります。 ①漁業および林業労働者については原則として、算定事由発生...