ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-過払い調整



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


賃金の支払に関する判例について ~全額払い-過払い調整
労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 賃金の支払に関する判例について ~全額払い-過払い調整
(全額払いに関する判例)
{過払い調整}
・賃金過払いによる不当利得返還請求権を自動債権として、その後に支払われる賃金の債権を受動債権としてする相殺は、労働基準法第24条第1項但書によって除外される場合にはあたらないが、その行使の時期、方法、金額等からみて労働者の生活経済との関係上において不当と認められないものであれば、規定にて禁止するところではないと解するのが相当とされた。

この見地からすると、許される相殺は、過払いのあった時期と賃金の清算調整の実を失わない程度に合理的に接着した時期において行われ、あらかじめ労働者にそのことが予告される、その額が多額ではないなど、要は労働者の経済生活の安定を脅かすおそれのない場合でなければならないものと解される。

・一斉早退の賃金カットを、5ヵ月後の給与から控除した措置は、労働基準法第24条第1項に違反することになる。

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-過払い調整 ・労働者の争議行為による過払い賃金を清算するための賃金カットは、労働基準法第24条第1項の法意から、民事訴訟法(当時)618条第2項(現在は民事執行法の152条に相当する)により賃金の4分の1以下に限る。