ようこそ! 「労働基準法のススメ」へ

賃金とは

労働基準法において、様々な労働条件についての規定がありますが、その中でも重要な労働条件として賃金があります。 賃金は、労働者が労務を提供してその対価として得るものであり、これが労働契約どおりに支払われないということは大きな問題となります。 そこで労働基準法では、賃金についての詳細な規定を設けてあります。 特に賃金支払の5原則は重要であり、使用者及び労働者双方がしっかりと確認しておく必要があると考えます。

スポンサードリンク

賃金とは

賃金とは 労働基準法において賃金とは以下のように定義されています。 「この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他の名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。 このように規定されていても、賃金に該当するか判断に困るようなものがあります。 その一例を以...

平均賃金とは

平均賃金とは 労働基準法第12条では平均賃金について規定されています。 第1項 「この法律で、平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前3ヶ月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の平均日数で除した金額をいう。ただし、その金額は、次の各号の一によって計算した金額を下ってはなら...

賃金の支払

賃金の支払 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定しています。 ここにおいて、賃金支払いの5原則を謳っています。 第1項 「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。 ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な...

非常時払い・時効について

非常時払い・時効について 労働基準法第25条では、賃金の非常時払いについて規定しています。 「使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であっても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。」 当然のこ...

休業手当について

休業手当について 労働基準法第26条では、休業手当について規定しています。 「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。」 休業手当の規定における解釈については様々なものがあります。...

休業手当の判例について ~ 趣旨・適用

休業手当の判例について ~ 趣旨・適用 労働基準法第26条では、休業手当に関連する判例には様々なものがあります。 以下にて確認しておきましょう。 (趣旨に関する判例) ・労働基準法第26条は民法上の請求権とは別個無関係の観点から、一定の構成要件の下に労働者の生活維持のため労務の提供を行うこ...

休業手当の判例について ~ ストライキと休業手当他

休業手当の判例について ~ ストライキと休業手当他 労働基準法第26条では、休業手当に関連する判例には様々なものがあります。 以下にて確認しておきましょう。 (ストライキと休業手当に関する判例) ・全業務量の8割を占める得意先の労働争議により、自社が業務停止となった場合であっても休業手当を...

出来高払制の保障給について

出来高払制の保障給について 労働基準法第27条では、出来高払制の保障給について規定しています。 「出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。」 この規定は、使用者の責に帰すべき事由によって実収賃金が減少した場合におい...

賃金の支払に関する判例について ~本文他

賃金の支払に関する判例について ~本文他 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (本文に関する判例) ・賞与は、従業員が一定期間労働したことに対して、勤務成績に応じて支給される本来の給与とは別の包括的対価であり、...

賃金の支払に関する判例について ~全額払い

賃金の支払に関する判例について ~全額払い 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (全額払いに関する判例) ・退職金は、就業規則においてその支給条件があらかじめ規定されており、会社が当然にその支払義務を負うべきも...

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-相殺

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-相殺 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (全額払いに関する判例) {相殺} ・使用者が労働者に対して不法行為による損害賠償債権を有する場合であっても、これを労働者の...

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-過払い調整

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-過払い調整 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (全額払いに関する判例) {過払い調整} ・賃金過払いによる不当利得返還請求権を自動債権として、その後に支払われる賃金...

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-争議行為と賃金

賃金の支払に関する判例について ~全額払い-争議行為と賃金 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (全額払いに関する判例) {争議行為と賃金 争議行為に対する賃金カット} ・業務命令によって指定された時間やその他...

賃金の支払に関する判例について ~書面による協定・本条違反

賃金の支払に関する判例について ~書面による協定・本条違反 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (書面による協定) ・協定については、内容のみならず合意自体も書面によることを要するとされている。 ・ストライキ中...

賃金の支払に関する判例について ~賃金請求権

賃金の支払に関する判例について ~賃金請求権 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (賃金請求権) ・労働者同士の対立による不就労については、使用者の責に帰すべき事由による労務提供の履行不能ではないことから、賃金...

賃金の支払に関する判例について ~賞与

賃金の支払に関する判例について ~賞与 労働基準法第24条では、賃金の支払について規定していますが、これに伴う判例が多くありますので確認しておきましょう。 (賞与) ・賞与については、支給日現在の在籍者のみ支給する旨の慣行を明文化した給与規定は有効とされる。 ・賞与支給対象期間の全部を勤務...