ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

計画の届出等 ~ 建設業の工事開始の届出



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


計画の届出等 ~ 建設業の工事開始の届出
労働安全衛生法第88条では、計画の届出等について規定しており、その第3項では建設業において一定要件以上の工事を開始する場合の届出について規定しています。 計画の届出等 ~ 建設業の工事開始の届出
「事業者は、建設業に属する事業の仕事のうち重大な労働災害を生ずるおそれがある特に大規模な仕事で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするときは、その計画を当該仕事の開始の日の30日前までに、厚生労働省令で定めるところにより、厚生労働大臣に届け出なければならない。」

この届出が必要とされる工事は以下のものとなっています。
①高さが300メートル以上の塔の建設の仕事
②堤高(基礎地盤から堤頂までの高さをいう。)が150メートル以上のダムの建設の仕事
③最大支間500メートル(つり橋にあつては、1000メートル)以上の橋梁の建設の仕事
④長さが3000メートル以上のずい道等の建設の仕事
⑤長さが1000メートル以上3000メートル未満のずい道等の建設の仕事で、深さが50メートル以上のたて坑(通路として使用されるものに限る。)の掘削を伴うもの ⑥ゲージ圧力が0.3メガパスカル以上の圧気工法による作業を行う仕事

労働安全衛生法第88条第4項においても建設業において一定要件以上の工事を開始する場合の届出について規定していますが、こちらの規定の方が工事規模が小さなものとなっています。

「事業者は、建設業その他政令で定める業種に属する事業の仕事(建設業に属する事業にあつては、前項の厚生労働省令で定める仕事を除く。)で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするときは、その計画を当該仕事の開始の日の14日前までに、厚生労働省令で定めるところにより、労働基準監督署長に届け出なければならない。」

上記のその他政令で定める業種に属する事業の仕事とは、土石採取業の一つだけが現時点で規定されています。

「厚生労働省令で定めるもの」とは以下のものを指します。
①高さ31メートルを超える建築物又は工作物(橋梁を除く。)の建設、改造、解体又は破壊(以下「建設等」という。)の仕事
②最大支間50メートル以上の橋梁の建設等の仕事
②の2 最大支間30メートル以上50メートル未満の橋梁の上部構造の建設等の仕事(第18条の2の場所において行われるものに限る。)
③ずい道等の建設等の仕事(ずい道等の内部に労働者が立ち入らないものを除く。)
④掘削の高さ又は深さが10メートル以上である地山の掘削(ずい道等の掘削及び岩石の採取のための掘削を除く。以下同じ。)の作業(掘削機械を用いる作業で、掘削面の下方に労働者が立ち入らないものを除く。)を行う仕事
⑤圧気工法による作業を行う仕事
⑤の2 建築基準法第2条第9号の2に規定する耐火建築物又は同法第2条第9号の3に規定する準耐火建築物で、石綿等が吹き付けられているものにおける石綿等の除去の作業を行う仕事
⑤の3 ダイオキシン類対策特別措置法施行令 別表第1第5号に掲げる廃棄物焼却炉(火格子面積が2平方メートル以上又は焼却能力が1時間当たり200キログラム以上のものに限る。)を有する廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の解体等の仕事
計画の届出等 ~ 建設業の工事開始の届出 ⑥掘削の高さ又は深さが10メートル以上の土石の採取のための掘削の作業を行う仕事
⑦坑内掘りによる土石の採取のための掘削の作業を行う仕事