ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

届出及び罰則について

労働安全衛生法の第10章では、監督等として計画の届出等について規定しています。
労働災害の発生する可能性が高いとされている大規模な工事等を行う場合には、様々な届出を厚生労働大臣や都道府県労働局長、労働基準監督署長へ提出する必要があります。
第11章の雑則では、法令等の周知、書類の保存等について規定しています。
法律を定めて、労働災害が発生しないように労働者の安全・衛生が確保されるように様々な規定等を定めても、それが周知されていなければ規定等を守りようがありません。 当然のことではありますが、絵に描いたもちにならないように、事業者及び労働者がしっかりと理解する必要があります。
第12章では、罰則について規定しています。
事業者が労働安全衛生法における各種規定を守らなければ、法律の意味がなく、労働災害も発生することでしょう。
そのため労働安全衛生法に違反する場合には、罰則を課すこともやむを得ないことでしょう。

スポンサードリンク

計画の届出等 ~ 建設物や機械等の設置・移転等

計画の届出等 ~ 建設物や機械等の設置・移転等 労働安全衛生法第88条では、計画の届出等について規定しており、その第1項では建設物や機械等の設置・移転等についての届出について規定しています。 「事業者は、当該事業場の業種及び規模が政令で定めるものに該当する場合において、当該事業場に係る建設物若しくは機械等(仮設の建設物又は機械等で厚生労働省令で定めるものを除く。)を設置し、若しくは移転し...

計画の届出等 ~ 危険有害作業を必要とするものの設置等の届出

計画の届出等 ~ 危険有害作業を必要とするものの設置等の届出 労働安全衛生法第88条では、計画の届出等について規定しており、その第2項では機械等で危険・有害な作業を必要とするもの等の設置・移転・変更の届出について規定しています。 「前項の規定は、機械等で、危険若しくは有害な作業を必要とするもの、危険な場所において使用するもの又は危険若しくは健康障害を防止するため使用するもののうち、厚生労...

計画の届出等 ~ 建設業の工事開始の届出

計画の届出等 ~ 建設業の工事開始の届出 労働安全衛生法第88条では、計画の届出等について規定しており、その第3項では建設業において一定要件以上の工事を開始する場合の届出について規定しています。 「事業者は、建設業に属する事業の仕事のうち重大な労働災害を生ずるおそれがある特に大規模な仕事で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするときは、その計画を当該仕事の開始の日の30日前までに、厚...