ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

免許の有効期間と更新



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


免許の有効期間と更新
労働安全衛生法第73条では、免許の有効期間について規定しています。
第1項「免許には、有効期間を設けることができる。」
免許の有効期間と更新
第2項「都道府県労働局長は、免許の有効期間の更新の申請があった場合には、当該免許を受けた者が厚生労働省令で定める要件に該当するときでなければ、当該免許の有効期間を更新してはならない。」

労働安全衛生法にて規定されている免許について、有効期間が定められているものは特別ボイラー溶接士免許及び普通ボイラー溶接士免許となっており、その有効期間は2年となっています。

また免許は更新制となっていますが、更新に当たっては厚生労働省令で定める要件に該当しなければならないとされています。
その要件は、特別ボイラー溶接士又は普通ボイラー溶接士が、免許の有効期間の満了前1年間にボイラー又は第一種圧力容器を溶接し、かつ、免許の有効期間中に溶接したボイラー又は第一種圧力容器のすべてが溶接検査又は変更検査に合格している場合その他ボイラー溶接士としての技能の低下が認められない場合となっています。
免許の有効期間と更新 特別ボイラー溶接士免許又は普通ボイラー溶接士免許の有効期間の更新に当たっては、有効期間の満了前に免許更新申請書を免許を受けた都道府県労働局長又はその者の住所を管轄する都道府県労働局長に提出しなければなりません。