ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

免許について

労働安全衛生法の第8章では免許等について規定しています。
免許は、衛生管理者や作業主任者、就業制限業務に係る者等が、免許試験等に合格した場合に免許証が交付されるものです。
労働災害を起こさないように、労働者に対する安全及び衛生を確保するためには、免許の制度は重要なものとなります。
また、第9章の安全衛生改善計画等では、安全衛生改善計画の作成の指示等や労働安全コンサルタント及び労働衛生コンサルタントについて規定しています。

スポンサードリンク

免許について

免許について 労働安全衛生法第72条では、免許について規定しています。 第1項「第12条第1項、第14条又は第61条第1項の免許(以下「免許」という。)は、第75条第1項の免許試験に合格した者その他厚生労働省令で定める資格を有する者に対し、免許証を交付して行う。」 第2項「次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えない。 一 第74条第2項(第3号を除く。)の規定により免許を取り消さ...

免許の有効期間と更新

免許の有効期間と更新 労働安全衛生法第73条では、免許の有効期間について規定しています。 第1項「免許には、有効期間を設けることができる。」 第2項「都道府県労働局長は、免許の有効期間の更新の申請があった場合には、当該免許を受けた者が厚生労働省令で定める要件に該当するときでなければ、当該免許の有効期間を更新してはならない。」 労働安全衛生法にて規定されている免許について、有効期間が定めら...

免許の取消し等

免許の取消し等 労働安全衛生法第74条では、免許の取消し等について規定しています。 第1項「都道府県労働局長は、免許を受けた者が第72条第2項第2号に該当するに至ったときは、その免許を取り消さなければならない。」 第2項「都道府県労働局長は、免許を受けた者が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、その免許を取り消し、又は期間(第1号、第2号、第4号又は第5号に該当する場合にあっては、...