ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

安全衛生教育と就業制限

労働災害防止のために、安全衛生の管理体制を整えることも重要ですが、事業場にて働く労働者に対して安全衛生に関する教育を行うことも重要です。
雇入れた際や作業内容を変更した際の安全衛生教育は特に重要です。
さらに、危険有害業務については、一般的な安全衛生教育よりも詳細な教育が必要になるでしょう。
労働安全衛生法では、これらの教育について詳細に規定しています。

スポンサードリンク

安全衛生教育

安全衛生教育 労働安全衛生法第59条では、労働者の就業に当たっての措置として安全衛生教育について規定しています。 第1項「事業者は、労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を行なわなければならない。」 第2項「前項の規定は、労働者の作業内容を変更したときについて準用する。」 労働者を雇入れた際及び作業内...

特別教育

特別教育 労働安全衛生法第59条第3項では、労働者の就業に当たっての措置として特別教育について規定しています。 第3項「事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない。」 上記にて規定する特別教育の対象となる業務は以下のものとなります。 ①研削といし...

職長その他指導・監督する者等の教育

職長その他指導・監督する者等の教育 労働安全衛生法第59条第3項では、労働者の就業に当たっての措置として特別教育について規定しています。 第3項「事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない。」 一 作業方法の決定及び労働者の配置に関すること。 二...