ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

労働安全衛生法の目的



労働トラブル解決マニュアル【秘伝の書】


労働安全衛生法の目的
労働安全衛生法の目的は以下のようになっています。
労働安全衛生法 第1条 目的
「この法律は、労働基準法と相まって、労働災害防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする」
労働安全衛生法の目的
労働安全衛生法につきましては、同居の親族のみを使用する事業または事務所を除いて、原則として労働者を使用する全事業について適用されます。
しかし以下に掲げる者については適用されませんので確認しておきましょう。

①家事使用人
②船員法の適用を受ける船員
③国家公務員(一部を除く)
労働安全衛生法の目的 なお、鉱山保安法第2条第2項及び第4項の規定による鉱山の保安(衛生に関する通気及び災害時の救護を含む)については第2章にある労働災害防止計画を除いて、労働安全衛生法の規定は適用されません。