ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

労働安全衛生の基本

労働安全衛生法は、元々労働基準法の中で規定されていたものですが、労働者保護の観点から労働安全衛生に関する規定を独立させました。
この法律の一番の目的は、労働基準法の各種規定と相互関連して、労働災害を未然に防止して労働者の安全と健康を確保することです。
労働者の安全とは、職場での危険を防止することであり、衛生とは、健康障害を防止することです。
したがって、使用者及び労務管理担当者は、労働基準法のみならず労働安全衛生法も十分に理解しておく必要があります。
労働安全衛生法は複雑な規定等が多く、難しく感じるかもしれませんが、自社に該当する項目に関しては理解して法律を守り労働災害をなくすこと、労働者の安全と健康を確保することに注力しなければならないと考えます。

スポンサードリンク

労働安全衛生法の目的

労働安全衛生法の目的 労働安全衛生法の目的は以下のようになっています。 労働安全衛生法 第1条 目的 「この法律は、労働基準法と相まって、労働災害防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする」 労働安...

定義

定義 労働安全衛生法第2条では、定義について以下のように規定されています。 「この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。 一 労働災害 労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等により、又は作業行動その他業務に起因して、労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡することをいう。 二 労働者 労働基準法第9条に規定する労働者(同居の...

事業主の責務・労働者の責務

事業主の責務・労働者の責務 労働安全衛生法第3条では、事業主の責務について規定しています。 第1項「事業者は、単にこの法律で定める労働災害の防止のための最低基準を守るだけでなく、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて職場における労働者の安全と健康を確保するようにしなければならない。また、事業者は、国が実施する労働災害の防止に関する施策に協力するようにしなければならない。」 第2項「...

事業者に関する規定の適用

事業者に関する規定の適用 労働安全衛生法第5条では、事業者に関する規定の適用について規定しています。 第1項「2以上の建設業に属する事業の事業者が、一の場所において行われる当該事業の仕事を共同連帯して請け負った場合においては、厚生労働省令で定めるところにより 、そのうちの一人を代表者として定め、これを都道府県労働局長に届け出なければならない。」 「一の場所において行われる当該事業の仕事を...