ようこそ! 「労働安全衛生法のススメ」へ

健康診断について

労働安全衛生法の第7章では、健康の保持増進のための措置についての規定があります。
その中でも健康診断に関しては詳細な規定があります。
健康診断は、労働者個人個人の健康状態を把握することができ、適切な健康管理を行うために大変重要なものとなります。
健康診断といいましても種類があり、雇入れ時の健康診断、定期健康診断、特定業務従事者の健康診断、海外派遣労働者の健康診断等様々です。
また、健康の保持増進のための措置として、作業環境測定や作業の管理等についても規定してあります。

スポンサードリンク

作業環境測定について

作業環境測定について 労働安全衛生法第65条では、健康の保持増進のための措置として作業環境測定について規定しています。 第1項「事業者は、有害な業務を行う屋内作業場その他の作業場で、政令で定めるものについて、厚生労働省令で定めるところにより、必要な作業環境測定を行い、及びその結果を記録しておかなければならない。」 第2項「前項の規定による作業環境測定は、厚生労働大臣の定める作業環境測定基...

作業環境測定の結果の評価等について

作業環境測定の結果の評価等について 労働安全衛生法第65の2条では、健康の保持増進のための措置として作業環境測定の結果の評価等について規定しています。 第1項「事業者は、前条第1項又は第5項の規定による作業環境測定の結果の評価に基づいて、労働者の健康を保持するため必要があると認められるときは、厚生労働省令で定めるところにより、施設又は設備の設置又は整備、健康診断の実施その他の適切な措置を講じなけ...

作業の管理及び作業時間の制限について

作業の管理及び作業時間の制限について 労働安全衛生法第65条の3では、健康の保持増進のための措置として作業の管理について規定しています。 「事業者は、労働者の健康に配慮して、労働者の従事する作業を適切に管理するように努めなければならない。」 また労働安全衛生法第65条の4では、健康の保持増進のための措置として作業時間の制限について規定しています。 「事業者は、潜水業務その他の健康障害を生...